宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

婚活のプロが指摘する、あきらめる前に見直す婚活

仕事も婚活も成果が出ない時は気持ちも行動も停滞しがちです。
転職という最終手段のある仕事に比べ、行き詰まってもやめられないのが婚活です。
せっかく一生ものの結婚を決意した婚活です。
幸せをあきらめる前に、ちょっとだけ婚活を見直してみませんか?
あきらめそうな時のケース・スタディであなたの状態をチェックして下さい。
婚活をあきらめるのはまだ早いですよ。

あきらめそうになる時1・長い婚活期間

長く婚活を続けている人なら一度は通るスランプの時期です。
婚活は早い人なら半年で成約(成婚)しますが、一方で1~3年経ってもお相手が見つからないと、焦り、諦めなど様々な心配事が気持ちの中に浮かび上がります。
長く続けて結果が出てこその婚活です。
もう少し続けてみませんか?

あきらめそうになる時2・断られた時

婚活を続けていて「この人なら」と思っていた男性に交際の中止を言われると、大きなショックだと思います。
そのショックから「もう婚活あきらめようかな」と弱気になるのも当然の事でしょう。しかし、婚活を諦めるという事は、自ら幸福を放棄する事です。
そんな寂しい決断を簡単にしてしまってもよいのでしょうか?
一生独身でいる覚悟をするその決断は早いと思うのです。
もう一度考え直してみませんか?

あきらめそうになる時3・友人の結婚が憂鬱

周囲の友人たちが次々と結婚する、出産する。人の幸せそうな様子を見て、自分の境遇に落ち込むのはよくある事です。
そして、結婚という大切な事だけに落ち込みの大きさは相当なものです。
「どうせ私なんて」。そう思わずに幸せに貪欲になって下さい。
友人の結婚式に呼ばれたら、心から祝福の言葉を贈りましょう。
いずれその言葉はあなたの元に数倍になってかえってきます。
「引き寄せの法則」というものもあります。望んだ通りの人生になるなら、「幸せな結婚」を望み続けてみませんか?

婚活を見直すためのリフレッシュ

婚活中の停滞期におススメのリフレッシュ方法をいくつかご紹介しておきます。

「涙活」

婚活が上手くいかなかった時、「無理にプラス思考で行こう!」と考えると、心の中で葛藤が働き、だんだん苦しくなってきます。
落ち込んだ時は泣いてもいい。
今日だけ、思い切り泣きましょう。
泣ける映画のDVDをレンタルして部屋で一人号泣しても、泣ける小説に浸ってもいいのです。
誰かが見ている訳ではないし、我慢せずに思いっきり泣いてみるのも良いと思うのです。
涙は心のモヤモヤ、憂鬱をスッキリと洗い流してくれます。

「ほめてもらう」

婚活がなかなかうまくいかず、自信を失いそうな方は、自信を取り戻すことが大切です。
「自信が持てず婚活が消極的になった」と言う方には、自分一人で抱え込まず、家族や信頼できる友人、婚活のプロや結婚相談所のアドバイザーに話を聞いてもらってはどうでしょう。
そして、あなた自身の良い面を改めて評価してもらいましょう。
きっと、「あなたのこんな所が素晴らしい」とほめてくれます。
人から認められると自信を取り戻し、ほめられた性格を伸ばそうと前向きになれます。
自分には良い所がたくさんあることを再確認するべきです。

「男友だちと話す」

婚活中に男友だちなんて、と意外に思われる方もいらっしゃるでしょう。
しかし、これが案外ウラ技なのです。オトコ目線で結婚について聞いてみると、新鮮な発想が得られるものです。
ざっくばらんに結婚について、女性に望む事、男として出来る事、やりたい事など
男性の本音を聞くとこれからの婚活にきっと役立つ情報があるはずです。

「条件を見直す」

婚活がいい結果を出せない原因のひとつに、相手に求める条件がどんどん上がったり増えたりしていませんか?
「近県の人」、「年収600万以上」、「仕事は転勤なし」。
「話がつまらない人はダメ」、「スポーツ出来ない人はNG」、「専業主婦にしてくれる人がいい」などなど。
一つ一つ自分の希望、相手への要望を数えていくとキリがありません。
婚活中の相手に求める「条件」がいくつあるのか、ここで数えてみましょう。
そして、ここだけは譲れない、という条件を3つ残して他を一旦切り離してみませんか?
そうする事で見えるものがあるのではないでしょうか?

「自分磨きのチャンス」

「婚活への条件を捨てられない」。
そんな方には、あなた自身の自分磨きのチャンスと捉えてはいかがでしょう?
エステ、習い事、趣味を深める。思い切って髪を切る。
どんな分野でも没頭してさらに自分磨きをしてみましょう。
「これだけ頑張ったのだから」と自分磨きにかけた時間だけ自信が湧いてきます。少なくとも、自分磨きにかけた努力と時間は必ずあなた自身に輝きを与えてくれます。
その輝きがあれば明日からの婚活にもう一度トライ出来ます。

失敗を恐れない

失恋はいつ思い出しても辛いものです。
婚活中だっていい人が現れなかったり、交際を断られたりすると気持ちが沈みます。
でも、今日のお断りは新しい出会いのためのきっかけかも知れません。
失敗、しくじりを恐れない強い気持ち、考え方の切り替えが必要です。
どこが悪かったのか。直すべき点はあるのか。
そう考えれば、失敗から学ぶ点、改善策がきっと見つかるはずです。数週間後には、笑っている二人がいるかも知れません。
失敗を恐れて出会いをためらうより、出会いに一歩踏み出す勇気を取り戻して下さい。何より出会いのチャンスを求めない人には、結婚はおろか失敗すらなく待っているのは数十年後独りでいる姿です。

この先数十年を独りで過ごす覚悟があるなら、今のままで大丈夫です。
もし、独りが寂しいを思うなら、もう一度だけ出会いを求めてみませんか。

「トキメキ」から始めよう

恋愛と結婚は別。
婚活でよく言われる事ですが、何事も気持ちが動かない事には前に進めません。
恋愛の「トキメキ」から婚活を再起動してみませんか?
「あの人はダメ」という視点から「この人がいい」という視点で婚活を始めてみましょう。
排除の思考ではなく、「この人なら」と思える相手を選別する(見つける)婚活に発想を切り替えて下さい。

プラス思考で相手を見ると、「この人と一緒に居たい」という感情が生まれます。
相手を選ぶ婚活も大事ですが、相手に「選んでもらう」婚活も戦略として考えましょう。先ほどの自分磨きも婚活中に有効です。
相手の目や気を惹くにはどうしたらいいか。相手の好みは何か。
そんな恋愛が始まったばかりの「トキメキ」を思い出して婚活をすれば、あなた自身が気付かない特別なオーラに心惹かれる人がいるかも知れません。

婚活は待つだけでなく、攻める姿勢がラッキーを呼び込みます。「引き寄せの法則」の通り、望む人にしか望むものは与えられないのです。

まとめ

「結婚したい」
そう思い続けることが婚活のエネルギー源です。
もし、そのエネルギーが枯れそうになったら、ゼロになる前にちょっとだけ休んで婚活を見直しましょう。もしかしたら、婚活の進め方にちょっとした思い違いがあるかも知れないし、疲れて視野が狭くなっているだけかも知れません。

恋愛と違って客観的なアドバイスがもらえるのも婚活のいい点です。
結婚に関するプロの意見を聞けば、あなたの婚活の改善点が見つかるでしょう。
プロから指摘された改善点を見直せば、きっといい婚活が再開出来ます。
あきらめない人にだけ、幸福な結末が待っているのです。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!