宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

ポジティブ婚活が成功の秘訣

婚活で結果をなかなか出せない女性には、ある特徴があります。
それは、男性を「減点方式」で見ている点です。
男性のプロフィールカードにある条件だけで、男性を選別していませんか?

そんなネガティブな発想では幸せが逃げます。
相手の良い点をみつける「加点方式」にすれば、ポジティブ発想が自然に身につき、幸福な結婚につながります。

シアワセを数えてみませんか?

婚活は、幸せな結婚をするための大切な準備期間です。
その時間に婚活相手の男性のダメな所、自分とは違うな、と感じた点だけを見ていませんか?

仕事の内容が気に入らない、出身校が気に入らない、長男だった。
確かに、結婚するにあたり、相手の男性が長男であれば、将来、男性の両親と同居という事態も想像出来ます。
でも、出身校は男性の将来に影響は少ないはずです。
仕事内容も健全に働いて、収入を得ているのなら仕事の好き嫌いは問題ではないでしょう。

そうした男性の気になるポイントを数えてばかりいて、肝心な男性の長所を見落としていませんか?
嫌いな部分ばかり数えていては、減点方式になってしまいます。

結婚という幸せな目標を叶えるため、目の前にいる男性の長所を観察してみて下さい。
シアワセを数える「加点方式」で婚活相手を見てみませんか。

言い訳は逃げる理由でしかない

婚活を始めるまで、あなたは結婚に対して言い訳をしていませんでしたか?
「まだ結婚には早い」、「仕事が忙しい」、「身近に独身の男性がいない」
もしかしたら、その言葉は結婚への言い逃れだったのかも知れません。

言い逃れをしてきた結婚という現実。
それでも、あなたの年齢はあなたの意思に関係なく進んで行きます。

回りの女友だちもほとんど結婚して、気が付いてみれば独身はあなただけになっていた。
急に焦ってもすぐに結婚相手が見つからない。
それでも結婚はしたい。結婚願望は遅まきながら抱いている。
そんな状況から婚活に飛び込んでみたものの、男性の欠点ばかりが気になって、なかなか婚活の成果が出ない。

婚活の成果が出ない理由ははっきりしています。
それは、言い逃れから始めた婚活だからです。

結婚したいから婚活は間違い

「友人が結婚した」、「親に結婚を勧められている」
そんな他動的な理由で婚活を始めるのは間違いです。

「結婚したいから婚活」、ではなく、「幸せな結婚をするために婚活」が正解です。
結婚はゴールではなく、二人で新しい生活を始めるスタートです。

婚活はスタート地点をみつけるための手段でしかないのです。
「幸せな結婚」を探すための婚活と考えれば、男性の欠点を見るより、「どんないい長所を持っているのだろう」という視点で見ると、目の前の現実の受け止め方が変わります。
それがポジティブな婚活なのです。

ポジティブ婚活のいいところ

「あれがダメ」、「ここがキライ」
そんな減点方式の婚活では、幸せが遠のいて行きます。
「あんな所があったんだ」、「そういう見方もあるんだ」
と言ったように最初は好奇心でもいいのです。婚活相手を最初から否定的な視点で見るのをやめて、あるがままに見てはいかがでしょうか。

「この条件だけは譲れない」と身構えていると、短所ばかり見えてさり気ない長所を見落としがちです。
逃した魚は大きい、と言われますが、婚活で逃した男性は二度と戻って来てくれません。
チャンスを逃さないように、短所欠点を探すのではなく、フラットな視点で男性を観察してみませんか。

このフラットな視点がポジティブ婚活の第一歩です。
婚活パーティーで初めて会った人の長所を探しなさい、と言われてもすぐに出来る人の方が少ないのですから、気を楽にして自然体で婚活相手を観察してみましょう。
ポジティブ婚活のいいところは、フラットな気持ちで人を見ると緊張感や警戒心が薄れ、自然な態度でいられる事です。

婚活イベントだからといって身構えたり、いい条件の男性を探そうと目をギラギラさせたりしていては、かえって人を遠ざけるだけで逆効果です。
自然な態度で人に接する事で、平常心で人を観察する事に気が付くはずです。
ポジティブな発想とは、前向きだけではなく自然体の姿勢も指します。

いい人を探そうより、「いい人が居るといいな」くらいがちょうどいい

婚活は競争の一面もあります。
よい条件の男性には、競争相手となる女性たちの目が集まります。
女性たちは、男性を品定めするような目で見ているはずです。
プロフィールカードにある年収は本当なのか?仕事で出世しそうか?

そんな目で見られた男性はどう感じるでしょうか?
女性の身に置き換えてみても、いい気持ちはしないでしょう。
そんな目で男性を見ている自分を180°変えてみましょう。

婚活イベントで、「今日こそはいい条件の男性を見つけよう」
と意気込んで来たものの、思ったように婚活で成果を出せなかった。
では、次の婚活イベントには、「いい人が居るといいな」とちょっとだけアクセルを緩めて参加してみて下さい。
たったそれだけの事で、あなた自身が周囲の人に与える印象が大きく変わります。

結婚に急ぐあまり、余裕のない態度で婚活に臨んでもいい結果は出ません。
気持ちに余裕を持って相手を観察すれば、良い結果に結び付きます。

ポジティブな婚活とは、単純なプラス思考や押せ押せの行動ではなく、自分の態度、雰囲気を余裕のあるものに変える婚活を目指しているのです。

独身を卒業したいというわがまま

結婚を決めた人がよく口にする言葉です。
一人の時期に見切りをつけて、自由と決別したように「独身を卒業する」と宣言して結婚式に臨む。
本当にそれでいいのでしょうか?独身は卒業するような人生の時期なのでしょうか?

結婚とは、一人を卒業するのではなく、二人で新しい季節を迎える事ではないでしょうか。
二人になるために、婚活という期間の中でこれから一緒に生きて行く人を探す。
二人で歩いて行く人だから、身構えずに自分らしく探したい。

つまりは、結婚は一人の時期の終わりではなく、二人の季節の始まりです。
そんな人生の節目を、「減点方式」で選んだ人と迎えられるはずはないのです。

ポジティブでいる事のメリット

ここまで、ポジティブと自然体な婚活の関連性、身構えるより余裕のある気持ちで婚活に臨む事をご説明しました。

ポジティブでいる事のメリットは、自分にも「加点方式」でいられる事です。
「自分なんて」と思うより、「ここだけは自信がある」という女性の方が輝いて見えます。そうした女性には、同性の友だちだけでなく男性も惹かれるのです。

もうひとつ、婚活で大事なポジティブでいる事のメリットがあります。
それは、相手の付加価値を見出す「加点方式」を採る事で、「他人を信じる力」が生まれます。

結婚とは、言い換えれば昨日までの他人と家族になる事。他人を信用しなければこれからの人生を二人で歩んで行けません。
婚活とは、「他人の力を借りれば不可能は無くなる」と信じて一人では不可能な事を二人で協力出来る相手を見つける期間です。

ポジティブ婚活・まとめ

結婚後の人生において、二人になれる人を探すのが婚活期間です。
「この人はダメ」とふるい落とすより、「あの人に誘われたい」と思える男性を探しましょう。
それには、自分が輝いて見える分野を探す事、相手の長所を探す視線で男性を観察する事が重要です。
何より、リラックスした気持ちで婚活に臨んで下さい。悲観的になる理由も緊張する必要もありません。
ポジティブな婚活とは、自然体で振る舞う事が本質なのです。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!