宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

婚活は次世代のお節介おばさん

お見合いで結婚するカップルと恋愛結婚のカップルの比率が逆転したのは、1960年代後半、高度成長期の頃でした。
以降、恋愛結婚が主流になり、今や恋愛結婚が90%以上、お見合い結婚や結婚相談所を利用して結婚したカップルは10%にも満たないのです。

それでも、約1割の人たちは恋愛結婚以外で、幸福な結婚生活をスタートさせています。
今回はマイノリティとなってしまったお見合い結婚のあるひとつの形態にスポットを当て、幸せな結婚への道を改めて考えたいと思います。
恋愛体質じゃなくても、結婚は出来ます。

親戚のおばさんが持ってくる、お見合い話し

今や昔のホームドラマとなってしまった感のあるセリフ、「いい人がいるんだけど、会うだけあってみない?」
近所のおばさん、または親戚の中に必ず一人いる「お節介おばさん」が写真をもって言うセリフです。
彼女は、自分の回りに結婚適齢期になった独身の男性・女性がいると目ざとく言い寄って来ます。
「あんたもいい歳なんだから、そろそろ結婚してお母さんお父さんを安心させなきゃ」
さらに「孫の顔を見せるのも親孝行のうちだよ」
ここまで来ると今ならモラハラになりかねません。
1960年代の高度成長期には、こんな情景は当たり前に見られたのです。

お節介おばさん全盛期の背景

高度成長期には、頑張れば幸せになれる、と信じられていました。
学歴に関わらず就職出来て、例え小さな会社でも自分が努力する事で会社も大きくなって収入も上がって行く。
収入が増えて生活が安定したら、やがて家庭を持って家族と幸せになる。そんなサクセスストーリーが信じられていたのです。
実際、日本全体がオリンピック景気や世界情勢の上げ潮にのって、好景気の真っ只中だったのです。好景気に支えられた人々のマインドは、自分もみんなと同じ幸せになれる、と信じていました。

イマドキ結婚事情

高度成長期以降、大学進学率は向上し、大卒が当たり前になります。
そして、好景気の中で結婚観も個人の考え方が反映されるようになります。
親の言いなりの結婚から、自分が選んだパートナーと幸せな結婚をする。
この頃から、恋愛結婚の割合が増え、「お節介おばさん」の出番は激減したのです。

時代は昭和の終わりになって、男女雇用機会均等法が施行され、女性の社会進出に拍車がかかります。
性別に関わらずやる気と能力があれば、仕事を任せてもらえるようになり、結婚より仕事を選ぶ女性も増えました。

晩婚化の始まりです。同時に、お見合いを独身男女にどこからともなく運んで来る「お節介おばさん」も絶滅したかに見えました。

バブル崩壊、途方にくれる独身男女

バブル景気の崩壊は突然に訪れました。
それは、独身男女の夢も同時に崩したのです。大学を卒業しても正社員になれない、就職氷河期は晩婚化をさらに進め、恋愛すら臆病になる草食系男子が出現します。
正社員になれず、低賃金の派遣社員は独身の男女を問わず増え、結婚という幸せは遠のくばかり。

婚活の登場

そんな悲観的な空気を打破しようと現れたのが、「婚活」というコトバです。
「婚活」は2009年の流行語大賞にもなり、それまでの結婚観を180度変えたといっていいでしょう。
結婚したくても出来ない独身男女が、結婚に対して積極的になるきっかけとなったのです。

かつてのお見合いは、「お節介おばさん」がどこからともなく持ってくる一枚の写真が両家を取り持つきっかけでした。
今の婚活は、独身男女が自ら積極的に街コンや婚活イベントに足を運ぶ、アクティブな活動になっています。
それは、お見合いという「待ち」の結婚観から、「出かける」感覚に変わった事を示しています。
高度成長期以降、バブル崩壊まで結婚という人生の選択肢から距離を置いていた独身男女が、「婚活」という言葉の登場により、再び「幸福な結婚」への憧れを抱くようになったのです。

では、なぜ独身男女が結婚への憧れを突然抱くようになったのでしょう?

結婚から逃げてたわけじゃない

バブル景気の頃は、華やかな恋愛ドラマや映画がたくさんありました。
豪華なプレゼント、二人で海外旅行、サプライズのプロポーズ、そしてチャペルでウェディングがドラマの定番でした。
そうした華やかな演出で、当時の独身男女の潜在意識に結婚したい、という願望が植え付けられたのです。

しかし、バブル崩壊、就職氷河期。低賃金にあえぐ独身男女。結婚はおろか、恋愛すら自由に出来ない閉塞感。
結婚したくないわけじゃない。結婚出来ないんだ。
それが本音でしょう。

婚活ブームの裏付け

結婚は今すぐ出来ないかも知れないけど、結婚への憧れ、焦りはある。
世の中は少子化高齢化が進み、国や自治体が婚活を後押しする時代になりました。
そして、婚活がブームとして盛り上がります。

そのブームを裏付ける数字があります。
2015年に結婚した人のうち8.3%が、婚活サービスで結婚相手を見つけている、という統計があります。

婚活サービスの利用者ベースでみても年々増加し、2015年では利用者のうち27.6%が結婚できているのです。

つまり、婚活サービスを通じて結婚した人の割合は年々増加傾向にあるのです。
SNSなどネットを通じて知り合う機会もある独身男女。でも、ネットならではの危険性もあります。

しかし、婚活サービスは二人の間に婚活サービス業者や結婚相談所の相談員など、第三者を介する安心感があります。

現に恋愛願望または結婚願望がある独身男女について、約4人に1人が婚活サービスを利用したい、とい意向があります。
特に20~30代女性に婚活したいという意識が高いのです。約6人に1人が婚活を経験している(現在利用含む)という統計もあります。

なぜ婚活?

独身男女の約4人に1人が婚活サービスを利用したい。
その意識の裏には、はっきりとした結婚願望が見られます。
では、なぜ独身男女は婚活を始めたのでしょうか?

独身男女が婚活を始めるきっかけには、「出会いが難しい」状況に加え、「周囲の恋愛・結婚」が影響しているようです。

「出会いが難しい」状況には、「一生独身かも知れないという不安」を感じるようになったり、「自然な出会いが難しい」と感じたりする一抹の不安感があります。さらに、「恋人と別れた時」という悲しみもあるでしょう。

「周囲の恋愛・結婚」も大きなきっかけです。「友人・知人の結婚を知ったとき」、「友人・知人に恋人ができたとき」などはSNSで近況がすぐ分かる時代です。

さらに、「土日が暇なとき」や「友人・知人の結婚式に参加したとき」にも寂しさを感じるものです。

そして、結婚のきっかけ、昔からの定番「親や祖父母を安心させてあげたい」という気持ち。
この言葉、どこかで聞きませんでしたか?

そうです、「お節介おばさん」の「孫の顔を見せるのも親孝行のうちだよ」。
これだったのです。

親孝行と婚活

親孝行のためだけに婚活をしているわけじゃない。
そんな声も聞こえそうですが、結婚には最後の親孝行という側面もあるのではないでしょうか。
結婚を決めるのは二人の意思ですが、それを祝福するのは二人の友人、親類、そしてなによりご両親の仕事です。

親を喜ばせるための結婚ではなく、親に最後にもう一仕事してもらうための結婚・婚活と考えれば、婚活へのハードル(義務感)は消えます。

婚活のきっかけ

結婚したいから、婚活をする。
そのきっかけ、理由は友人の結婚、自分の失恋、親孝行といくつあってもいいのです。

ただひとつだけ、覚えておいて欲しい事があります。
あなたたちの結婚は、あなたたちを育ててくれた人たちみんなを笑顔にします。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!