宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

婚活パーティーでのマナー(男性編)

婚活中の男性の中には、初めて婚活パーティーに臨む方もいらっしゃると思います。
どんな服装をしていけばいいのだろう?
女性と顔を合わせて最初の一言が思い浮かばない。
デートに誘っても大丈夫だろうか。
などなど、悩み事は尽きないはずです。

そこで今回は、初めて婚活パーティーに臨む男性のための押さえるべきいくつかのポイントをご紹介します。
30代、40代の大人としてこれだけは覚えておきましょう。

婚活パーティーでの服装は清潔感が第一

婚活パーティーでの服装は、とにかく清潔感第一を心掛けて下さい。
ジーンズなどはもっての外。ジャケットは必須、アイロンのかかったシャツと派手過ぎず地味にならないネクタイ着用。実はこのネクタイを女性は見ています。
ネクタイにその男性の趣味が現れるからです。トラッドなレジメンタルタイか直径1mm〜5mm程度の小紋柄なら無難でしょう。
そして、気が抜けないのが足元です。磨かれた靴でパーティーに出席して下さい。婚活パーティーは「出会いの場」である事を意識すれば、ラフな服装は出来ないはずです。
出会いの場では、女性の目は服装や髪型に対して厳しいもの、と肝に銘じて頭から足元まで清潔な大人を心掛けて下さい。

まずは挨拶

婚活パーティーに限らず、挨拶はとても大切です。
笑顔で気持ちの良い挨拶をされて嫌な気持ちになる人なんていませんよね?
1つ注意点をあげるならば、自分が気に入った方のみ、とても素敵な笑顔で挨拶をし、そうでない人には無愛想な態度を取る方をたまにお見受けしますが、女性の方はあなたが他の方とお話ししている姿もチェックしている事を忘れないで下さい。

共感されるとうれしい

女性に限らず、人は会話の中で相手に共感してもらえるとその人に好感を持つものです。「この人は自分の事を分かってくれる」という安心感から一層の親近感を抱くのです。
プロフィールカードに目を通していれば、女性の趣味嗜好が分かります。同じ趣味を持つ女性に「僕も○○が好きなんです」と言うだけで、初めて会ったという緊張感がひとつほぐれます。そこで、緊張感の壁を取り除いたら女性の話しに共感する態度や言葉を表しましょう。
共感と言っても、相手の言葉にただ同意し、オウム返しにするだけでは効果がありません。
相手の女性のマイノリティーな趣味嗜好や考えに上手に話を合わせることができれば、「なんて気が合う男性なんだろう」と思われ、大幅な印象アップが期待出来ます。

褒められるとうれしい

女性は、男性と違って経歴や職業についてだけ褒められてもあまり喜ばれません。服装や容姿についても同様です。
では、どう褒めれば女性の興味を惹けるのか?
それは、+αの原則です。
つまり、服装・アクセサリー + センス、仕事 + 頑張り、趣味 + 共感など具体的なもの+女性の内面を褒める事です。具体的には、「○○さんて、品があるというか所作や動きがきれいだから、育ちが良いんだろうなって、今日の服も上品で良く似合っていますよ」と具体的な服装+それを選んだ女性のセンスを褒めています。仕事であれば、「事務の仕事って大変ですよね、ミスなくしっかり支えないといけないし。○○さんのような真面目な方がいないと会社全体が動かないですから」と仕事の内容+重要な仕事であることを共感して褒めるのです。
この褒め方で大切なポイントは、あくまで自然体であることです。
オーバーな表現はかえって相手に失礼になるので、さりげない表現を心掛けましょう。

3つ聞いて1つ話す

女性は基本的に話しを聞いてくれる人に好意を感じるものです。しかし、ここは婚活パーティー。男性が一方的に聞き役に徹していては、婚活にはなりません。
女性の話しをききつつ、自分の事もアピールしなければなりません。
会話の流れの中で上手に自分の事も話題にあげる工夫が必要です。
女性の話しを3つ聞いたら、自分の事をひとつ話すくらいが目安でしょうか。
会話が弾めば女性もあなたに興味を持って、「ところで休日は何をしていますか?」と質問をしてくれます。そして、会話は言葉のキャッチボールである事を忘れないで下さい。女性が投げた話題に対してまるで見当違いの受け答えをしたり、自分の話題に強引に持っていったりでは会話になりません。
会話の流れを上手につかんで言葉のキャッチボールを楽しんで下さい。

そして、女性との会話の最後に大事な一言を添えるのを忘れずに。
それは、「お話ししてくれてありがとうございました。楽しかったです。また後でもっとお話し聞かせて下さい」
と感謝の気持ちと次回への期待を伝える事です。この言葉があるかないかでそれまでの女性からの印象が台無しになります。感謝の言葉は忘れずに添えましょう。

NGなワード

婚活パーティーに限らず、女性との会話ではNGワードや触れてはいけない話題があります。30代の大人の男性なら、心得ていて当然な事ですが、念の為NGワードを上げておきます。

容姿や外見に関する事に触れる

褒めたつもりでも女性にとってコンプレックスになっている場合もあります。身長など容姿には触れないのが無難です。

仕事の愚痴やネガティブな発言

ここは婚活パーティーという出会いの場です。ネガティブな話題や自分の仕事の愚痴は厳禁です。あくまでも、明るく自然体に出会いを心掛けて下さい。

年齢、出産の話題

これも女性にとってはデリケートな話題です。プロフィールカードに記入してある事項以上は踏み込んで聞かないのがマナーです。

会話をさえぎり、異論を主張する

婚活パーティーですからディベートを展開するなら会議室でどうぞ。女性の話しを遮るのは会話のキャッチボールのルールに反します。

デートへの誘い方

デートに誘うなら、早いタイミングでストレートに誘うのが鉄則です。
婚活パーティーでの出会いであれば、パーティー当日に誘ってもなんら問題はありません。誘うなら「今度食事に行きませんか?」とストレートな表現が一番伝わります。食事かお茶か映画が無難なキーワードです。
仮に「もう少しメールやり取りをして、お互いを知ってからでも良いですか?」と、女性が返事をしてきた場合でも、誘われたという自信が女性に残ります。
この事が後日メールで食事に再度誘うきっかけにもなるのです。
ただし、あまり深追いしてしつこく誘うのはかえって警戒されてしまうので、二度断られたらあきらめましょう。

デートで注意したい事

せっかく婚活パーティーで意中の女性とデートする事になっても、気を抜くのは禁物です。
デートでも注意しておきたい事があります。
まずは、時間厳守。待ち合わせで女性を待たせないように、分かり易い待ち合わせ場所を選びましょう。改札の〇番出口とピンポイントに指定したり、雨でも濡れないようにカフェで待ち合わせたりと工夫が必要です。
また、デートの行き先も慎重に選びましょう。いきなり高級レストランなど背伸びする必要はありませんが、カジュアル過ぎたり賑やかで落ち着いて話が出来なかったりするような店は避けましょう。
女性と二人でお互いの事をよく知るためのデートですから、その目的に適ったお店を選びましょう。事前リサーチが必要です。
デートの最中にありがちな男性の態度として、デートに誘った事で満足して女性の話しを上の空で聞いていない、というのが見受けられます。これは相手の女性に対して失礼です。
デートだから、と張り切って一日長時間のデートは危険です。初デートは短時間がベストです。半日くらいにおさめてしまいましょう。なぜなら、初対面の相手だと疲れやすくなるからです。初デートはランチ、お茶など気軽なものにして、次回に繋げましょう。
初デートの話題も、次回につながるように、女性の好みの映画や行ってみたい場所をさりげなく聞き出すなど、相手に深入りするような質問は避けて二度目のデートへのきっかけを作る工夫をしましょう。

まとめ

婚活パーティーでのマナー、デートへの誘い方をご紹介しました。
婚活パーティーで「いいな」と思った女性とこれから先、うまく結婚までたどり着けるかどうか、デートを重ねてしっかり見極めて下さい。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!