宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

30代40代の婚活女性は攻めるべし

現在婚活中の女性で年齢層が30代40代の方は多いと思います。
実際、結婚相談所や婚活サイト、マッチングアプリを利用しているのは、30代女性が最も多く、ある結婚相談所に登録している会員の年齢層・性別の割合を調べると、30代女性の割合は全体の50%以上と非常に高い割合を占めています。
アラサー女子30歳~34歳)に絞っても、全体の約30%が該当しており、現在婚活中の女性の約3人に1人は、アラサー30女子層ということになります。
つまり、それだけ婚活の競争相手が多いという事なのです。
そんな熾烈な婚活戦線を勝ち抜く為に、30代40代の婚活女子に贈る、「婚活戦略法」です。

◆婚活中の男性が求める結婚


概して男性は結婚相手に年下を選びがちです。
それは、結婚後に子ども・家族が欲しいという根本的な要望があります。
そのため、婚活においては、20代後半女性に男性の人気が集中し、どうしても30代40代の女性は不利になります。
その不利な状況をどう変えるかが、30代40代の女性の婚活戦略になります。

◆婚活中に子どもの話題


妊娠・出産、その後の子育てには女性の体力が問われます。もちろん、妻のサポートは夫である男性の務めではありますが、妊娠・出産の主役は女性である事に間違いありません。
出産においては、男性は女性を励ますだけでその身体的・精神的苦労を代わる事は出来ません。
女性が心身の苦労や、出産後の社会復帰(職場復帰)の負担を一身に引き受けねばならない程、結婚に子どもは必須なのでしょうか?
もちろん、女性として生まれたからには愛する男性の子どもを産み育てたいという本能的な希望はあるでしょう。
しかし、「子どもが欲しいから結婚したい」と婚活中の30代40代女性から言われたら、男性はどう感じるでしょうか?
「子ども好きな人な女性」、「家庭的な女性」と好意的に捉えてくれる男性なら、結婚相手として相応しいでしょう。
しかし、「子どもが欲しい」という言い方はやや直接的です。草食系と言われるイマドキの若い男性は引いてしまうでしょう。
つまり、子どもは結婚生活に必須ではあるけれど、婚活中は子どもの事を第一条件に出すべきではない、というのが30代40代女性への婚活戦略なのです。

◆30代女性が求める結婚


婚活は、文字通り結婚相手を見つけるための活動です。
では、結婚後の生活や結婚相手に何を求めるかで婚活の戦略も変わってきます。
30代独身女性が結婚相手に望む条件として、年齢は20代後半から30代前半を挙げる女性が多いのです。必ずしも、年上に限らないのはより幅広い年齢層から結婚相手を見つけようとする意志の現れでしょう。
この選択は正しいと言えます。結婚相手の年齢層が幅広ければそれだけ対象となる人数も多くなり、婚活の成功率は上がります。
結婚後は、「専業主婦をしたい」という希望を挙げる30代独身女性の声も聞かれました。30代ともなれば職場でひと通りの苦労も経験し、もうこれ以上仕事でストレスを感じたくない、というのが本音でしょう。
婚活中に「結婚したら家の事に専念したい」という本音は、ケースバイケースで相手の男性を見極めながら相手に伝えるべきでしょう。
相手の男性に充分な収入があり、男性も女性に専業主婦になる事を望んでいるなら「結婚後は家事に専念したい」という言葉は、非常に有効です。しかし、男性の収入、結婚後の生活に専業主婦というキーワードがない場合は、その事を伝えるのは控えた方が賢明でしょう。

◆40代女性が求める結婚


40代女性もまた、30代女性と同じく社会、職場で苦労を重ね、結婚後は専業主婦を望んでいます。
また一方、職場でキャリアを積み、今の仕事をこれからもバリバリと続けたいという女性もいるでしょう。
そうしたキャリア志向の女性を応援してくれる理解力・包容力のある男性にアプローチするのが有効です。
40代ともなると女性はどうしても妊娠・出産という現実に突き当たります。医療が進歩したとはいえ、子どもを持てる確率も少なくなり、子どもを持たずに夫婦2人だけの生活を望む女性も多いでしょう
そうした女性の希望にも理解ある男性(出来れば同年代か年上男性)にターゲットを絞って婚活をするのも有効な手段です。

◆30代40代女性の強み


婚活で競争相手が多い30代40代女性の強みとは、若い女性には絶対にない、気配りが出来る事です。
社会経験を積んだからこそ、場の空気を読んでさりげない気遣いをしたり聞き上手になったりして、男性の内面を聞き出す会話術も心得ているはずです。
婚活中の男性は自分の話しを聞いてくれる人を求めています。
婚活パーティーで女性と会話をしていても、相槌や「もっと聞かせて下さい」と話しに興味を示せば、「この女性は自分に好感を持ってくれている」と男性は感じます。
会話術と聞き上手、これが30代40代女性の強みのひとつです。

そして、独身男性が求める永遠の女性像、「母性」。これも30代40代女性ならではの強みになるのではないでしょうか。子どもがいる、いないに関わらず大人の女性が持つ母性は、独身男性にとって憧れの的です。
男性にとって、弱音が吐ける女性には心のよりどころとして母性を感じるはずです。
若い女性には決して出せない、大人の女性だけが持つ母性をアピールしてみて下さい。

◆30代40代女性が取るべき戦略


婚活中の30代40代女性には短期決戦が求められます。そのため、勝てる場所で婚活に力を入れるべきです。
逆に避けるべき婚活の場もある事を認識しましょう。
例えば、大人数が参加する婚活パーティーは避けるべき場所のひとつです。
大人数が参加する場合は、どうしても年齢層もまちまちになりがちで、若い女性と比べられる確率が高くなります。
先述の通り、男性は年下女性に目がいきがちですから、こうした大人数参加型婚活パーティーは避けた方が無難でしょう。
また、スポーツ系の婚活イベントも避けた方が無難です。本格的にスポーツを極めた女性ならともかく、体力勝負となるスポーツでは若い女性に軍配が上がってしまいます。
では、30代40代女性の強みが発揮される婚活イベントにはどんなものがあるのでしょうか?
例えば、趣味コンなど同じ価値観を共有できるイベント、内面を見てもらえるイベントが有効です。具体的には、美術鑑賞や映画、ジャズなどの音楽鑑賞もいいでしょう。お酒が好きならワインパーティーもおススメです。
大人の男性が集まるイベントが狙い目です。

◆究極の技


30代40代女性が取るべき究極の戦略があります。
それは、「バツイチ男性」をターゲットにする事です。
バツイチ男性には連れ子がいるかも知れないリスクがありますが、一度結婚を経験している事で独身の未婚男性にはない、理解力や包容力があります。
同年代の男性に色々気遣いをする事に疲れたなら、バツイチ男性と気楽な会話をしてみてはいかがでしょうか。意外な優しさと若い男性とは共有出来ない大人の価値観・人生観が見つかるかも知れません。

◆まとめ

ここまで30代40代女性が取るべき婚活戦略についてご紹介しました。
ポイントをまとめると、もし、あなたが結婚後に子どもを持つ事、専業主婦を望むなら、相手の希望や条件をよく見極める事。
大人数が参加する街コン、スポーツ系イベントは婚活の場として避けて、趣味系パーティーや大人の男性が集まるイベントを狙う事。
大人の女性として気配りや聞き上手に徹する事。
究極の技として「バツイチ男性」も視野に入れる事。
競争相手の多い30代40代の婚活市場です。
短期決戦で幸せな結婚を手に入れましょう。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!