宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

独身40代男性へのアプローチ

婚活中の30代40代女性の中には40代男性を結婚相手として考えている方も多いでしょう。
事実、30代40代で婚活を始める独身男性も多いので、年齢的に見て互いにバランスの良いカップルになる可能性が高く、そのまま結婚に至るケースも多いのです。
40代の独身男性と言えば、社会的地位も仕事上の経験も豊富で人格もしっかりと形成されているイメージが定着していると思います。
歳上という事で「頼りになる存在」として40代男性を見ている女性も多いでしょう。
しかし、中には婚活中の40代男性と会話して、「おや?」という違和感を覚える女性もいるのではないでしょうか。
今回は40代男性が持つ不思議な違和感の正体を説明します。あわせて、婚活中の40代男性へのアプローチの仕方もご紹介します。

意外と優柔不断な40代男性

世間では完成された大人のイメージがある40代男性ですが、その正体は意外と優柔不断なのです。
仕事では決断力を発揮し、部下や同僚をまとめるリーダーシップを見せても、恋愛や結婚、婚活に関しては奥手であったり、女性任せだったりするケースがあります。
もちろん、婚活中の40代男性全員が優柔不断という訳ではありません。
傾向として40代男性の中には、結婚に対して踏み切れない人もいるのです。

優柔不断の理由

では、仕事はバリバリ出来るのに、婚活・恋愛に関して奥手になってしまう40代男性の心理にはどんな理由があるのでしょうか。
その理由とは、主に以下の3つです。

年齢に対してのコンプレックス

20代は若くて勢いもあり、それなりにモテた時期だった。
30代に入って合コンなどでも自分の人気に下降線を感じるようになり、そのまま40代。世間では「アラフォー」に分類され婚活を始めたものの若い男性ばかりに女性の人気が集中する。そんな状況が続くと、仕事が出来る男性でも自信を失い、若いライバルたちにコンプレックスを抱くようになります。
そのコンプレックスから女性に対して積極的になれず婚活でも自分を充分にアピール出来ずにいるのです。

過去の失敗から立ち直れない

40代ともなれば恋愛も人並みに経験しているはずです。婚活している40代男性とは、そうした恋愛で成功出来なかった=結婚出来なかった男性でもあるのです。失恋や過去の失敗に囚われるあまり、どうしたら結婚に辿り着けるのか分からなくなってしまっているのでしょう。
その辺りの事情をくみ取れば、40代男性が婚活で躊躇するのも経験の豊富さが逆にブレーキになっているのもうなずけます。

傲りから来る不安

40代男性に限らず、女性でも婚活中の相手に対して「この人でいいのだろうか?」という漠然とした不安を抱く事があると思います。
40代男性の場合は、先述の経験の豊富さがブレーキとなり、過去の経験から現状を不安視してしまうのです。「もっと他の人がいるのではないか」、「この人でいいのだろうか?」という男性の心の声は、女性にしてみれば失礼な意見なのですが、男性特有の勇気の無さだとむしろ、弟を見るお姉さん目線で男性をフォローしてあげて下さい。

婚活女子は受け身ではいけない

こうした優柔不断な40代男性を相手に婚活をしている大人の女性に受け身は禁物です。受け身のままでは事態は進展せず、男性にも女性にも無駄に時間だけが過ぎてしまいます。
待ちの態勢で40代男性からのアプローチを期待してはいけません。
むしろ、30代40代女性の方から積極的に男性をリードすると婚活が大きく進展します。

女性が主導権を握る

婚活において、女性が主導権を握る事は珍しい事ではありません。
特に婚活の相手が優柔不断な男性と分かったら、採るべき選択肢は二つ。
他の男性へと鞍替えするか、今の優柔不断な相手と結婚へとゴールするかのどちらかしかありません。
もし、あなたが女性で「この男性と結婚したい」という願望があるなら、その願望の理由を挙げてみて下さい。男性のどこに魅かれていますか?
仕事・学歴などの条件?それとも優柔不断な性格を補える人格ですか?
今の婚活相手とゴールする気持ちがあるなら、女性であるあなたが主導権を持ちましょう。

女性のペースに巻き込むには

婚活で40代男性を相手に女性が主導権を取る、女性のペースに巻き込むためにはどうすればよいのでしょうか。
積極的に誘ってみる、デート中にボディタッチを試みる、「結婚して下さい」と直接的な言葉で訴える。
色々な方法がありますが、その方法を間違えるとかえって40代男性を委縮させてしまいます。案外とメンタル面が脆い男性もいるのでその扱いには注意が必要なのです。
そんな扱い難い40代男性を女性であるあなたのペースに巻き込むコツは、ジワリと男性にプレッシャーをかける事です。
具合的には、「これからの交際や結婚後の生活を考える上で何か問題があるのなら、私と一緒に協力して解決しましょう」と男性の不安感を取り去る協力的な姿勢を見せる。
「今度は泊りがけで旅行に行きませんか?」と積極的なアプローチと既成事実を積み上げるのも方法のひとつです。
積極的なアプローチ以外にも、「あなたのお友だちに会わせて下さい」と友人を包囲網に使うのも穏やかなプレッシャーになります。

あくまでも穏やかなプレッシャーで

難しいのは、急激なアプローチや「ご両親に会わせて下さい」と言った性急な言動を慎む事です。
女性が結婚願望を強く抱いていても、男性の結婚願望とその想いの強さ・温度に違いがある時は、性急な言動は逆効果になる事があります。
「40代にもなってそんな弱気で」と呆れる女性もいるでしょう。
しかし、婚活とはいわば、大部分の男女が結婚初心者のはずです。
40代男性は、失敗も含めた経験の豊富さから臆病になっているのです。その臆病な男性が婚活に勇気を出して臨んでいる、と優しい目で見てあげて下さい。
急激に追い込むより、優しい態度で「あなたとずっと一緒に居たい」という気持ちを伝えましょう。

ポイントは感謝の気持ち

40代に限らず、婚活中の男性は女性に優しさを求める傾向にあります。
その一方で「男は女性を守るべきだ」という古い思考回路を持っている矛盾を孕んだ存在です。
そうした40代男性を婚活中に立てながら上手く操縦して結婚までゴールするには「感謝の気持ち」が重要になります。
待ち合わせ場所で男性と目があったら、「会いたいと思っていました」と親近感をアピールする。
デート中にお店に入ろうとしてドアを開けてくれた時、「ありがとう」と笑顔を返す。
デートが終わって次の約束を取り付けたら、「今日は誘ってくれてありがとう。楽しかった。次も楽しみにしています」と感謝と次回への期待を表現する。
ここまでされて、女性に心動かない男性はいません。
感謝されて「自分は必要とされている」と自覚が芽生え、「楽しかった」と期待されて失いかけた自信を取り戻す。
女性の言葉、態度ひとつで男性は変わります。
40代男性との婚活を成功させるには、待ちの態勢ではなく、協力的な姿勢、穏やかなプレッシャー、そして感謝の気持ちがポイントです。

40代男性の真実

仕事は出来る、社会的な経験も積んできたはず。そんな40代男性には、「頼りになる」、「決断力がある」といったイメージを描きがちです。
しかし、実際には、胸の中では、「この女性にいなくなられたら寂しくなる」、「自分からアプローチして失敗しそうで怖い」、「このまま一生結婚出来ないかも知れない」など多くの不安を抱いているのです。
こうした不安材料で頭がいっぱいになり、女性との未来に対する想像力が失われ思考回路が止まっているだけなのです。
そんな男性の真実を知って、女性から穏やかに、かつしっかりと40代男性を結婚へと追い込むことで、不安感を解消してあげましょう。

婚活中に女性が主導権を握れば、結婚後も家庭で妻の発言力が増します。
婚活は結婚への準備期間なのです。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!