宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

婚活3高時代の終焉

かつて、独身女性が理想の男性像として求める条件に、「3高」というものがありました。
「高学歴」、「高身長」、「高収入」の3つです。
しかし、そんな条件を婚活中の独身女性が独身男性に求める時代は終わったのです。
「3高」に代わる独身女子が求める理想の男性像の条件とは何なのでしょうか。

「3高」を求めない独身女性たち

「高学歴」、「高身長」、「高収入」の「3高」を独身女性が結婚相手として男性に求める条件に挙げていた時代は確かにありました。
日本がバブル景気に沸いていた過去のお話しです。今から30年程前でしょうか。
現在の日本経済の状態を鑑みて、恋愛への憧れと現実の結婚の違いをはっきり認識している婚活中の女性にとっては、「3高」を男性に求めるのは非現実的である、と分かっているのでしょう。

それでも「3高」が人気な分野

 

現実的な結婚を目指す30代40代の独身女性、特に婚活に熱心な女性が男性に「3高」を求める時代は終わりました。
しかし、一方で未だに「3高」を理想の男性像として求める分野があります。
それは、SNSの世界です。自己紹介で職業や容姿を自己申告出来るSNSではその信憑性は確かではありません。
その確かめようのない情報に、かつてのバブル期に求められたような理想の男性像を追い求めている若い女性がいるのも確かな事実です。
SNSの自己紹介に魅かれて実際に会ってみたら、身長も人並み、職業も実は違っていた、というのはよく聞く恋愛の失敗談です。

恋愛と婚活は別物。そうはっきりと認識出来ている女性は、SNS上のウソを見抜く力を持っているはずです。だからこそ、SNSで安易に交際相手・結婚相手を探す事なく、確実な結婚相談所、婚活サイトに登録するのでしょう。

現実には

独身女性が結婚相手の男性に求める条件に、「職業」、「収入」を挙げるのは今も昔も変わりません。
「年収は1,000万円以上の男性が条件」。
そう言い切る婚活女子も多いでしょう。
ここに、現実の統計結果があります。
総務省統計によると、日本全体で年収1,000万円以上の「世帯数」の割合は15%程度。これは「世帯数」の統計なので未婚・既婚含めた数字になりますから、一概に15%しか年収1,000万円以上の就労者がいない、という数字ではありません。全世帯数のうち、15%が年収1,000万円以上なので、女性も働いて夫婦二人の収入を合わせての年収も統計に含まれます。
15%。この数字を多いと見るか、少ないと感じるか。
さらに、給与所得者のうち、年収1,000万円以上となる人はわずかに5%足らず。
この5%には女性の給与所得者も含まれますから、男性で年収1,000万円以上、さらに独身という条件が付けば、「高収入」の独身男性は希少を通り越して天然記念物クラスの存在になります。
そんな現実を認識していればこそ、「3高」を求めない独身女性たちが増えている事もうなずけます。

「3高」に代わるもの

現実を正しく認識している独身女性たちが、結婚相手としての男性に求める条件はどう変わったのでしょうか。
女性が結婚相手である男性に求める条件を象徴する言葉が生まれました。
それは「3平」だというのです。
「3平」とは、「平均的な年収」、「平凡なルックス」、「平穏な性格」の3つの「平」
を指すそうです。「3高」と比べるとかなり堅実な条件に見えます。
一時「草食系男子」という言葉が流行りましたが、それを彷彿とさせる「草食系婚活女子」の誕生なのでしょうか。

「平均的な年収」については、具体的な調査があります。
平成27年(2015年)の『民間給与実態統計調査(国税庁)』によると日本の平均給与は男性521万円、女性276万円だそうです。
そして、婚活中の女性に結婚相手に求める年収をアンケート形式で聞いたところ、最も多い回答が「500万円~699万円」となり、調査結果とアンケート結果がほぼ一致しました。
やはり、婚活中の女性は堅実に結婚相手を探しているのです。
ただし、女性は男性に「自分より高い年収であって欲しい」という希望も持っています。その視点から、婚活中の女性は男性の年収に対し、「平均的な年収」である「500万円~699万円」を条件として求めているのでしょう。実に堅実で具体的な条件と言えます。

平凡と平穏って?

「平均的な年収」は具体的な数字で表されます。しかし、「3平」の「平凡なルックス」、「平穏な性格」とは男性にしてみれば、具体的なイメージが湧かないのではないでしょうか。
「平凡」は「地味」とも違います。
「平穏」も「温厚」とは意味合いに差があります。「温厚な人」と言えば、人望も厚い人を想像しますが、「平穏な性格」ではインパクトに欠け、婚活で有利に働くとは思えません。
この「平凡」と「平穏」を解くカギは、婚活中の女性が避ける男性の姿にあります。

「しない人」が人気

独身女性に対して、男性の「これだけは許せない!」といった点を挙げて頂きました。それによると、
・「暴力をしない」
・「借金・ギャンブルをしない」
・「浮気をしない」
(複数回答)
の3つを挙げる女性がそれぞれ7割近くもいたのです。
「暴力」、「借金・ギャンブル」、「浮気」の3つを「しない人」、つまり「3NO」を女性は男性に求めています。
これで、「平穏な性格」=「暴力をしない」や「浮気をしない」といった図式が見えてきました。
婚活女子が男性に求める「平穏な性格」とは、常識のある大人の男性と解いていいでしょう。
常識ある男性なら、当然「浮気をしない」は当たり前ですね。
「平穏な性格」であれば、浮気をして本命の女性との間にトラブルを起こすような事はしません。
その点も婚活女子は見抜いているのです。

「平凡なルックス」とは?

さて、「3平」の最後のキーワード、「平凡なルックス」とはどんなルックスを指すのでしょう。
ここでも独身の女性が嫌う男性の外見、服装、髪型などを探ってみましょう。
「NO」から分かる「YES」の正体です。
「寝癖がついている」、「散髪に行っていない」、「フケは絶対NG」、「爪が伸びている、汚れている」、「体臭のキツイ人は…」、「鼻毛もNG」、「目やに、眼鏡が汚れている」、「無精ひげとオシャレの勘違い」、「襟元、袖口、靴が汚い」などなど。
どうでしょう?
思い当たる点はありませんか。
これらの女性から見た男性の「NO」な点をまとめると「清潔感」の一言につきるのではないでしょうか。
背が高いけれど、肩にフケのある男性と平均的な身長だけれどアイロンの効いたシャツを着こなした男性。
どちらに女性は軍配を上げるかというと、後者の「平均的な身長」の男性だったのです。
つまり、「平凡なルックス」とは嫌悪感のないルックス、常識的な清潔感のあるルックスと言えるのです。
「平凡」=「つまらない」ではなく、常識をわきまえて人前に出られる普遍的な感性を独身女性は結婚相手の男性に求めています。

変えられない事、変えられる事

身体的な特徴、身長や顔の造作は変えられません。体重くらいならダイエットでなんとかなるでしょうが、それ以前にもっと簡単に、身なりを整えるだけで女性からの第一印象をぐっとアップする事が出来ます。

ギャンブル癖を治す、スマホゲームへの過度の課金を止める、一人の女性と誠実に向き合う。
そして、部屋や服装といった身の回りからキレイにしてみる。
どれを見ても難しい事ではないでしょう。
自分で変えられるべき点を変えるだけで、男性にとって婚活の成果が上がるはずです。

「3平」時代はチャンス到来

「3高時代」の終わりは、婚活中の男性にとってむしろ好機になります。
「平均的な年収」、「平凡なルックス」、「平穏な性格」の「3平」時代は、上を目指してがむしゃらになるのではなく、足元から見直し自分をもう一度磨くチャンスの到来なのです。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!