宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

30代女性の婚活事情

20代で若さという時間を楽しんで、気が付いてみれば30代独身。
周囲の独身女友だちも結婚を意識し、中には子どもを育てるママになった友だちもいる。
30代の独身女性が婚活を始めるきっかけは、自分自身の意識の変化より周囲の女友だちが結婚した、という事実が多いようです。
独身時代から仲の良かった友だちの幸せをみて、「そろそろ私も」と感じ始めるのでしょう。

しかし、年齢的にはアラサーと言われる厳しい現実。結婚相談所や婚活パーティー、合コンと忙しく婚活と向き合う事になります。

アラサーという現実

30代になって合コンに参加すると、男性陣からの質問が急にリアルなものに変わります。20代の頃とは明らかに違う質問の内容に戸惑う女性もいるかも知れません。
例えば、「出身地とか実家はどこ?」や「お姉さんはいますか?」とさりげなく聞きつつ、兄弟構成や実家の情報を聞き出す現実的な質問になります。
それが男性も結婚を意識した合コンという現実なのです。
恋愛対象としてではなく、結婚相手としてどうか?という視線で男性から見られている事を認識しましょう。
それが、アラサーという現実です。
しかし、見られてばかりではありません。
30代独身女性として、合コンや婚活パーティーに参加するなら、相手の男性をしっかりと結婚相手として相応しいか判断する基準や自分が結婚に望む条件を持つ事が必要です。

女性が婚活相手に望む条件

婚活において、相手に望む条件は結婚後の生活を見据えたものになります。
一般に女性が結婚相手に望むのは、「性格」・「収入(職業)」・「身長(見た目)」と言われています。この3つの条件のうち、どれを優先させるかは女性自身が決める事ですが、結婚となると第一優先条件は「収入」となるケースが多いはずです。
一方、これが恋愛対象として男性に求めるものなら、「性格」、「見た目(顔・身長)」という順になるでしょう。
婚活において、女性が男性に望む条件は安定した生活が過ごせる収入(職業)かどうかがポイントになります。
また、昨今の女性の社会進出の状況から「家事が出来る(協力的)」、「女性の仕事に理解がある」といった点も男性に求める条件になっています。

男性が女性に臨む事

一方、婚活中の独身男性が女性に求める結婚の条件と見てみると、「年齢」、「性格」、「家事能力」といった点になります。
まず、「年齢」については「子どもが欲しい」と願う男性が多い事が理由です。妊娠・出産には年齢のハンディがある現実を男性もしっかりと認識しています。そのため、「子どもが欲しい」という男性は結婚相手の女性に年齢の若い方を選ぶ傾向があるのです。この点では30代独身女性はハンディがあると言わざるを得ません。
30代だから出産は難しいと、婚活に引け目を感じる必要はありません。
「家事能力」や性格面(一緒にいて飽きない)という点で、若い女性よりも30代の大人女子に軍配が上がります。
社会経験を活かし、男性にアピールすれば、「料理の上手な女性」や「やさしく気の付く性格」と婚活を有利に進める事が出来ます。
婚活では30代女子だからこその強みを身に付けましょう。

婚活に妥協はない

「もう若くないから」、「誰でもいいから結婚したい」。
婚活に疲れた30代40代独身女性の切実な声が聞こえてきそうです。
しかし、婚活は結婚に妥協する事ではありません。
自分が望む相手を見つける場です。相手に望む条件を厳しくするのは悪い事ではありませんが、一方的に相手に要求するだけでなく、男性の望む女性像を理解する姿勢も大切ではないでしょうか。
その中で、「あの男性は私には結婚相手として相応しくなかった」という上から視線の考え方から、「私にはこういう男性こそ合っている」と考え方をシフトさせてはどうでしょう。
つまり、妥協ではなく自分に適正な条件を持った男性を選べるようにするという事なのです。

結婚に際し、多くの男性は自分より歳下の女性を選ぶ傾向があります。
30代男性なら20代女性を選ぶのは、先に述べた妊娠・出産に関する考え方からです。
30代女性はそうした20代の若い女性と婚活市場を競っているという事を頭に置いて下さい。
30代40代だからと言って無理に若作りする必要はありません。
むしろ大人女子として、年相応の落ち着いた女性を目指す事が結婚への近道だと考えましょう。
20代に見える30代独身女性より、落ち着いた雰囲気の歳上大人女子を恋愛・結婚対象と見る若い男性も少なからずいるのも事実です。
30代の婚活中の女性は、男性の年齢を自分の年齢を基準に±5歳で考える人が多いそうです。これは、婚活の条件として間違ってはいません。
しかし、その点に拘るあまり、婚活の対象を狭めては本末転倒です。
条件のハードルを下げる、というネガティブな発想を、「より広い視野で結婚相手を探す」というポジティブな発想に転換して下さい。
発想の転換をする事で、以降の婚活にもより積極的になれるはずです。

30代女性の婚活に待ちの姿勢はない

合コン、婚活パーティー、街コン。婚活には様々なイベントがあります。
そうした婚活イベントへ参加は積極的なものの、イベントでは男性からのアプローチを待っている女性を見かけます。これでは婚活は成果を出せません。
婚活イベントに参加したら、積極的に男性にアプローチしましょう。
30代の婚活で成果を出さないと、年齢が上がるにつれ男性からのアタックのチャンスは少なくなります。30代のうちに女性から気になる男性に声をかけ、まずは連絡先を交換するなどチャンスを自分で作りましょう。

チャンスのためのポイント2つ

婚活イベントで気を付けたい一番目のポイントは20代と張り合わない事。
若い女性が好きな男性には、好きなようにさせておいてあなたの大人の魅力が分かるオトナの男性にアピールすべきです。
つまり、「勝てる土俵で勝負する」が婚活の鉄則です。

二番目のポイントは、結婚に焦っているそぶりを見せない事。
婚活なので、結婚がひとつのゴールではありますが、結婚を急ぐあまり相手の男性の事を見極められなかったり、結婚にガツガツした態度を取ったりすると男性もひいてしまいます。

ここは、大人の余裕で婚活に臨む事です。男性との会話の中から、相手の事を良く理解し、自分の条件に適った男性に対してはアピールをより積極的にして、デートの約束や二人だけの時間を作る事に専念しましょう。

婚活戦略を考える

30代女性の婚活事情は現実的である意味切実でもあります。
そこで、戦略を明確にして最短ルートで婚活戦線を勝ち抜きましょう。
その戦略とは、
1. 結婚相手に望む条件(職業・性格等)をピックアップする。
2. なぜその条件が必要なのかを考えてみる。
3. 望む条件は、他の要素で補えないか考える。
(年収は家事を分担・協力する事でカバーする)
4. 他の要素でカバー出来る事が出来ない条件だけをピックアップする。
(譲れない条件を明確にする)
ここまで自分の婚活に対する条件を分析出来れば、男性に望む条件も絞られ、戦略もシンプルになるはずです。
結婚に関して譲れない条件がはっきりしているのですから、それを満たす条件の男性を探すだけです。
これが結婚への最短ルートになります。

男性の心理を逆手に取る戦略

女性は「自分磨き」に熱心です。
きれいになる自分を目指して外面・内面ともに自分磨きを怠らない姿勢は婚活でもある程度有効です。
この「ある程度有効」というのが、男性心理なのです。
残念な事に世の多くの男性は、女性の自分磨きを「婚活」において重要視していないのです。男性は「自分(男)のためにがんばってくれる女性」が好きな我儘な生き物と考えましょう。
男性にとって「自分磨きをしている女性」は「自分(男)のためだけに、がんばってくれている」とは思っていません。
女性は「自分磨きをしている自分」に満足してしまいがちです。
もちろん、自分磨きをするのは婚活にもプラスになりますが、やりすぎは疲れてしまいます。
自分磨きもほどほどに、男性を掌で転がすくらいの気持ちの余裕を持ちましょう。

まとめ

今回は30代女性の婚活における事情と戦略をご紹介しました。
リアルな成果を上げるための参考にして下さい。
30代、まだまだ可能性も将来もあります。

近日開催の婚活パーティーはこちらから

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!