宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

40代男性の婚活成功率を上げるには

婚活と恋愛は似ているようで異なるものです。
ある調査によると、20代30代の独身女性に40代男性は恋愛対象となるか?と質問したところ、”人によっては恋愛対象となる”と答えた割合は70%にもなったそうです。“人によっては”という但し書きがくせ者ですが、恋愛においては年齢が一回り以上離れていても充分恋愛感情は芽生えるのです。
別の調査では、20代独身女性の約40%が40代男性との恋愛経験がある、と答えています。

苦戦する40代男性の婚活

しかし、いざ婚活となると40代男性は苦戦を強いられています。
結婚という目的を目の前にして40代男性の負うハンディは大きく二つあります。
ひとつは、仮に結婚して子どもが成人を向かえる頃には定年退職している事。ふたつ目は、親の介護の問題が間近に迫っている事です。
こうした現実的な問題を20代30代の独身女性は大きな負担、あるいは希望が薄いと感じてしまうのです。

外見(白髪・肌・体型)のハンディ

男性も30代後半、40代ともなれば、髪には白髪も交じり、人によっては薄毛にもなります。肌も20代の頃のようなツヤや張りはなく、体型もお腹の出たメタボになる人もいるでしょう。
そうした外見で損をしていませんか?
白髪ならオシャレに染める事も出来ます。肌も食事など生活習慣に気を付けていれば劣化はある程度防げるでしょう。体型だって健康維持のため、婚活のためと思えばダイエットだって出来るはずです。

外見のハンディをリカバーするために

「40代という歳だから仕方ない」と諦めていませんか?
諦めは婚活のタブーです。先ほどのオシャレな白髪染めのように外見は努力と工夫でリカバー出来ます。
40代独身男性のための婚活での成功率を上げるヒントは、まず、「身だしなみを整える」事です。
ヒゲ、髪型は整えていますか?無精ひげや寝ぐせは論外です。
そして、「婚活イベントの状況に相応しい服装」を心掛ける事です。
婚活パーティーやイベントの主旨にあった、TPOを考えた服装を選びましょう。自分の趣味やいつもの服装に拘る事無く、臨機応変なファッションセンスが婚活には求められます。
ここで言う“臨機応変”は抽象的で難しいかも知れません。
では、こう考えたらいかがでしょう?「清潔感を出し、年齢マイナス5歳のオシャレを目指す」。
生活感丸出しの疲れた服ではなく、ちょっとだけ若作りしてみてはいかがでしょう。きっと独身女性の視線をひくはずです。

尊敬される年上VS尊敬されない年上

40代独身男性の婚活対象は年下女性になる傾向があります。
そして、20代30代の独身女性にとって、40代独身男性は年上というだけでなく、立派な大人に見えるはずです。
そうした「年上の男性」として見られる意識を持ちましょう。
単に年齢が上というだけでは“ただのオジサン”です。
目指すのは“尊敬される年上”の男性です。
尊敬される年上とそうでない年上の男性の差は、“話題”や“会話力”に現れます。

会話ではネガティブ禁止

「どうせ40代だから」、「だって歳だし」と悲観的に自分をとらえていませんか?
婚活ではネガティブ禁止です。どうせ、でも、だって。これら“D”で始まる三つの単語(いわゆる3D)はネガティブな発想の元です。
ネガティブにならず、前向きな発想で婚活に臨みましょう。

勝てる土俵で勝負する

20代の独身男性にないもので女性にアピールしましょう。
つまり、自分が勝てる土俵で婚活に臨むのです。
30代40代までに経験してきた様々な体験はあなたにとって貴重な婚活での武器となるはずです。伊達に仕事で20年以上もキャリアを積んでいないでしょう。
仕事で磨いたコミュニケーションスキルを婚活で発揮しましょう。20代にはない大人のスキルが40代にはあるはずです。
かと言って、仕事の自慢話ばかりでは女性も話しを聞いてくれません。自慢話は婚活の話題としても相応しくありません。
婚活パーティーに参加する大半の若い男性は口下手で、女性の扱いに不慣れなはずです。
そして、婚活パーティーや街コンなどのイベントに参加する独身女性は、結婚という価値観で独身男性を見ています。
具体的には、婚活中の女性は、婚活でのコミュニケーションを通して相手の男性を「この人は信頼に値するか」、「結婚のパートナーとして将来もやっていける人か」を見極めようとしています。
一方で、多くの婚活中の男性は「女性との会話を盛り上げよう」とか「女性に笑ってもらおう」、「自分の事を知ってもらいたい」という感覚で参加している人がほとんどです。
これでは女性を誘っても、断られてしまうのも仕方がありません。
婚活の場で女性と誘った男性の価値観がズレているからです。
40代独身男性は、年齢・収入といった “スペック”をアピールするより、「価値観」を共有する意識で女性とコミュニケーションしてはどうでしょうか。

聞く力(傾聴力)

以前、“聞く力”という言葉が流行りました。
傾聴力とも言われるこの力は英語で「Active Listening」表現され、黙って耳を傾けるのではなく能動的に聴くという意味で、婚活においても非常に有用です。
まず、相手の話しを聞く。「そうなんですか」、「ああ、それ分かります」と相づちを挟みながら会話を進める事で、話している女性は「この人は私の話しをきちんと聞いてくれている」と好印象を持ちます。
30代40代に限らず、男性にありがちな対応として、相手の話を遮る、相手の話の内容や考えを否定する、相手にアドバイスやお説教をするといった事はNGです。
こうした対応は、コミュニケーション能力が低いとされ、婚活中の女性からも良い印象は持たれません。
結婚を前提とした「価値観」を共有出来る話題を用意し、女性の話しを聞く事から始めましょう。

共感出来る価値観とは

婚活で重要な価値観を敢えて三つ挙げるなら、「経済的価値観(金銭感覚)」、「家族観・結婚観」、「将来へのビジョン」となるでしょう。
恋愛であれば、「ファッションの好みやセンス」、「ルックスの好み」といった点を重視しますが、婚活は恋愛より現実的で将来を見ています。
「経済的価値観(金銭感覚)」は生活をともにする上で欠かせない要素になりますが、婚活の場でいきなり踏み込むには勇気のいる話題です。
「家族観・結婚観」についても、「子どもは〇歳までに〇人欲しい」とは女性の口から言えませんし、初めて会った男性からも質問はしにくいでしょう。

価値観を聞き出す有力なキーワードがヒントになります。
「趣味の話題」、「余暇・休日の過ごし方」、「好きな食べ物や料理」といった話題は一見当たり障りがないようで、婚活の場では価値観を聞き出す有力なキーワードとなります。
「休日はギャンブル」、「週末は部屋でゲーム三昧」、「食事はコンビニか居酒屋」。こうした答えをする40代男性に女性はどう反応するでしょうか?

「週末には家で料理もします」、「最近観た映画で面白かったのは…」、「昔ペットを飼っていた事があって」。こちらの答えをする男性に軍配が上がるのは当然と言えます。

まとめ

40代男性の婚活は決して簡単なものではありません。
しかし、必ず活路はあるものです。大人の男性として、女性から尊敬に値する話題、会話力を身に付ければ外見のハンディは克服出来ます。
むしろ、コミュニケーション能力に長けた40代だからこそのスキルで婚活に臨めば成果を上げる事が出来るでしょう。
ここでの成果とは、「結婚」ではなく、まず連絡先を交換する事です。
婚活パーティーでは規模にもよりますが、30人程度の女性が参加すると仮定してその中から2,3人の連絡先を聞き出せればまずまずの成果と言えます。
もちろん、連絡先はまだ婚活の序章に過ぎません。
連絡先交換、デートと段階を踏んで婚活の最終章である結婚まで着実に歩みましょう。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!