宮崎の婚活・恋愛情報なら
宮崎婚活一歩前進カンパニーLINK UP。
  • LINE@で婚活・恋活に関する情報を発信!
婚活・恋愛サポートブログ
閉じる
婚活お役立ち情報

婚活スランプを感じる女子に贈るヒント

婚活は恋愛と違うエネルギーを必要とします。
恋人とのデートなら毎回心ウキウキで出かけられるでしょう。しかし、婚活となると気合いのひとつも入れて、パーティー会場や婚活イベントに臨まねばなりません。
婚活パーティーや街コンなどのイベントに参加する事に疲れを経験した女性も多いのではないでしょうか。
特に30代40代と年齢を重ねると、周囲の友だちも次第に結婚し始め、友人の結婚式に出席する憂鬱も増えます。自分の婚活は進展がないし、かと言って婚活を諦めるには早過ぎる。

そんな婚活中の疲れや焦り、陥りやすい婚活スランプとそこから脱出するヒントを特別にご紹介します。
婚活に焦りを感じている、あなたのための婚活必勝法です。

婚活スランプその1・相手に望む条件がブレる

何度も婚活イベントに出席した、男性とも何回かデートをしてみた。
けれど、ピンと来る男性に出会えない。
そうした女性は、男性に望む条件が曖昧になったり、ブレたりしていませんか?
職業や年収、性格・趣味など独身男性に望む条件はたくさんあるでしょう。その中で優先すべき条件をブレずに維持する事が大切です。
「これだけは譲れない」という条件を最優先にして、それ以外の条件にた多少目をつむる勇気も必要です。

また、「普通の男性と結婚したい」という曖昧な条件も間違いの元です。「普通」の定義は人それぞれで相対的なものです。
あなた自身がしっかりと結婚相手に望む条件を持ちましょう。

婚活スランプその2・結婚がゴールという勘違い

婚活はもちろん、結婚がひとつの目標です。結婚というゴールに向かって独身の男女が相手を探して、婚活に真剣に臨んでいます。
しかし、結婚出来ればそれで終わりではありません。婚活で選んだ相手と結婚後の長い人生をともに歩むスタートが結婚です。
結婚をゴールに設定すると、結婚後の人生が考えられずに結婚だけを急いでしまいます。
結婚生活は、長く続けてこそ幸せも続きます。
「この男性となら長く一緒に居られる」そう思える相手を婚活で見極めてください。男性も結婚後を意識して女性を見ているはずです。

婚活スランプその3・結婚に依存している

「結婚したら専業主婦で旦那さんの収入に頼りきり」、「入籍してしまえばひと安心」
そんな考えの独身女性は婚活に対する意識を変えて下さい。
先に述べた通り、結婚はゴールではなく新たな人生のスタートです。
結婚に依存する事は相手の男性に依存する事と同じです。
一人の女性、人間として自立した意識で婚活に励みましょう。
そうした自立した女性を男性も好ましく思う傾向があります。

婚活スランプから脱出するには

婚活を続けていると、結婚出来るか不安を感じたり成果が出ない事に焦りを感じたりして、婚活自体が空回りする事もあるでしょう。
スポーツや仕事と同じ様に、スランプ状態から抜け出して婚活を再開するためのヒントをご紹介します。

婚活スランプ脱出法その1・自分の婚活スタイルを振り返ってみる

婚活で焦った時は、実は婚活を見直すチャンスです。
あなたの胸の内にある婚活プランや婚活スタイルがしっくりきていない時には、ひと呼吸置いて、まずはあなたの婚活プランをもう一度見直してはどうでしょう?
人は人、あなたはあなた。それぞれの婚活スタイルがあり、結婚のタイミングがあります。
周囲の友だちが結婚したり、婚活が上手く行き出したりすると自分も結婚を急がなくてはと焦った場合は、結婚がゴールではなく、幸せになるスタートだということを忘れてしまっています。
婚活に焦った時は、深呼吸してそれまでの婚活を振り返り、反省材料を探してはいかがでしょうか?
思い切って相手の独身男性に望む条件を変えるのも手段のひとつです。
ここで注意したいのは、結婚相手に望む条件を変える時にはご自身の結婚後の人生設計も変わる可能性がある事です。
その点を意識して婚活の見直しも時には必要です。

婚活スランプ脱出法その2・友だちの成功談を参考にする

人のサクセスストーリーは羨ましくもありますが、実は婚活の宝箱です。
なぜ、婚活に成功したのか?友だちの成功談を数多くインプットして自分の婚活と比較してみてはどうでしょう?
結婚や婚活のリアルな情報も手に入ります。
案外、成功談から婚活の秘訣が聞き出せるかも知れません。

サクセスストーリーが婚活の宝箱になる理由はもうひとつあります。
それは、婚活に成功した話しを聞いてポジティブな気分になれる事です。
デートでのノロけ話しや男性からのプレゼントの話題など、友人が笑顔で話す姿を見ているだけで、あなたも前向きな気分になれるはずです。
人のハッピーな姿を見て、「よし、私も婚活を頑張って幸せになろう」と自らを奮い立たせて下さい。

婚活スランプ脱出法その3・婚活に対する固定概念を変えてみる

「30代で結婚しないと!」、「40代は最終コーナー」。
婚活をしているとよく言われることです。
しかし、必ず40歳までに結婚しなければいけない、とは限りません。
そうした自分だけの固定観念に縛られてしまうと、婚活が上手くいかなった時に不安になったりイライラしたりしてストレスがたまりやすくなります。
自分のペースでゆっくりと婚活を充実させる余裕が必要です。
そして、簡単に結婚相手が見つかると思わないことです。運命の相手を見つけるためには相応の苦労があって当然、悠然と構えましょう。
焦りは慎重な判断を鈍らせます。
結婚は人生の一大イベント。悔いのない判断をしましょう。

リフレッシュするために

恋愛も仕事も婚活も時にはリフレッシュ、休憩が必要です。
カリカリとパーティーや婚活イベントの予定ばかりに気を取られていては精神的な疲労もたまります。
そんな時は思い切り気持ちの伸びをしましょう。
例えば、「女子会」。
既婚、未婚問わず気ごころの知れた女友だちと楽しく会食。
ガールズトークから気付く事もあるでしょう。

日頃のルーチンを変えてみるのもいいかも知れません。
通勤経路を変えたり、メイクやアクセサリーを変えたりするのも気分転換になります。
何より自分から変わった事で「お、何か良い事あった?」といった周囲の反応もうれしいものです。
結婚や婚活に固執するあまり、本当の自分を忘れる事もあるでしょう。そうした時には、ちょっとだけ立ち止まって足元を見直したり鏡を見たりして、自分自身が婚活に何を望んでいるのか、確かめてみましょう。きっといい答えが見つかります。

婚活には”引き寄せの法則”を実践してみるのも有効です。
引き寄せの法則とは、「思っている事、考えている事が現実となる」、「前向きに物事を考えていると良い事が起こる」といったポジティブな発想から始めて、「自分には無理」などネガティブな考えを遠ざける事を実践します。
「婚活なんてもう無理」と思った時点でネガティブに囚われている証拠です。
「幸せな結婚式を挙げる」、「子どもは〇人産みたい」と具体的でも抽象的でも構いませんから、前向きな考えを持ちましょう。
ポジティブな発想を持った人の笑顔は良い人たちとの縁をもたらします。
良い人たちとは友人はもちろん、結婚相手も含めた良い人間関係に他なりません。
笑顔を忘れずに婚活に臨みましょう。

まとめ

今回は婚活に焦りやスランプを感じた時の対処方法をご紹介しました。
30代40代と年齢を重ねる事で、婚活に追い立てられるような日々から少しだけ余裕を持って婚活パーティー、イベントに出席出来るヒントになったでしょうか?
結婚は人生の通過点、新しい生活のスタートです。
良いスタートを迎えられるよう、婚活の準備をしましょう。

記事をシェアする

LINE@で友達追加して婚活・恋愛情報をゲット!